こんにちは。

トランサージュ、瀧口です。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、本日より医薬マーケティング関連のニュースサイト、Medinewさんにて私が書いたコラムの連載がスタートしました。https://medinew.jp/archives/8293

「デジタル時代のメディカル・アフェアーズに寄せる期待」というタイトルで、今回から4回の連載を予定しています。

コロナ禍の只中、ヘルスケア業界に押し寄せる変革の波はこれまで以上の大きさです。

デジタルトランスフォーメーション、SDGs、ペイシェント・セントリック、共感経営、パーパス経営などビジネスを巡るバズワードは引きも切らず、矢継ぎ早に変革を迫ってきます。ただ黙ってその波の通り過ぎるのを待つ、という保守的な戦法は、もう通用しない時代になっています。

そんな時代にだからこそ、「ヘルスケア企業におけるバリューとは何かのか、その中でメディカル・アフェアーズやマーケティングに託された役割とは何なのか。

そんな観点からMAへの期待、あるべき役割を考えたいと思っています。

ご興味を持たれたら、ぜひご一読ください。またご意見やご感想もお待ちしています。

トランサージュでは、マーケターの方々だけでなく、メディカル・アフェアーズの方々への戦略志向研修なども実施しております。こちらもお問い合わせ、お待ちしています。