Protocol  Manner

プロトコール・マナーは、人生を豊かにしてくれます。

プロトコールは「国際儀礼・世界標準マナー」と訳され、国家間の儀礼上のルールで、国際交流の基本原則となるものです。ですから、ビジネスや個人間の交流を円滑にするためにも、大変参考になります。特にグローバルに活躍する方々にとって欠かせない身嗜みのひとつです。

また、プロトコールはロイヤルマナーとも言われ、世界で最も美しいマナーです。その基本は、お相手に不快な思いをさせない、お相手に迷惑をかけない、好感を持っていただく、ということで特別に堅苦しいものではありません。

お相手を思いやる心を形として表すマナーは、より良い人間関係を築き、信頼感や安心感、そして感動をも与えることができます。さらには自分自身の心の豊かさや幸せへと繋がっていきます。

わたくしたちは、プロトコールを取り入れた上質なマナー研修を幅広くご提供しております。

img2_2

研修メニュー例

  • 接客/接遇研修
  • ビジネスマナー研修
  • 接遇セミナー/講義
  • 医療接遇コンサルティング
  • テーブルマナー実践講座

客室乗務員、VIP接遇担当、エグゼクティブ向け医療機関コンシェルジュなどの実務経験を活かし、ビジネスマナー研修、接客・接遇研修、医療機関向け接遇研修やコンサルティング、テーブルマナー実戦講座など、様々なご要望にお応えしております。

研修者の声

  • 言葉遣いや姿勢などプログラムの中で講師の方が身につけたものを見せてくださっているのが印象的でした。
  • 今回の研修内容を知っている人と知らない人とは違うと思います。講師の方々はやはり素敵でした。
  • 自分を客観視できたことも良かった。現場にすぐに活かせるお話でためになりました。時間が足りないくらい充実しました。
  • 姿勢や立ち居振る舞いを意識するか意識しないか
    では本当に違うと感じました。常に人に見られていると意識していきたいと思います。

講師プロフィール

瀧口 結佳

国内大手航空会社の客室乗務員及びVIPルームで皇族・政財界・経済界の方々の接遇担当の経験から「マナーは人生を豊かにしてくれるもの」と実感。本物のマナーをお伝えしたいと考え、ディプロマを取得。現在は「心遣い」を得意とするプロトコール・マナー講師として、マナーの根底にある「お相手を大切に思う心」をお伝えしている。

* 日本プロトコール・マナー協会認定インストラクター

伊澤 享子

国内大手航空会社の国内・国際線客室乗務員として皇族・VIPフライトを担当。退職後、渡米しコミュニケーション学を学ぶ。帰国後は医療コンシェルジュや企業受付を経験。現在はマナー講師として、ひとりひとりの個性を引き出し、個性を活かす表現方法をお伝えすることを得意とし、好評をいただく。