患者さんに選ばれる病医院になるために、

メディカル・ブランディングを
始めませんか?

ブランディングとは何か?

サービスやモノ、それを世の中へ送り出す組織やヒトの価値を表すものが「ブランド」です。
「ブランド」はそれを見たり聞いたりした瞬間に、サービスやモノの品質、
そこに働くスタッフの応対やそれを利用する人のステータスなど、
ほぼ共通したイメージを想い起こさせてくれる力を持っています。
この共通したイメージを、最適に定着させるプロセスが「ブランディング」です。

医療にブランディングは

必要なのか?

患者人口が減少しているいま、医療機関も患者さんに選ばれる時代です。
患者さんは自分の通う病医院が自分のニーズにキチンと対応してくれるのか、
実際に足を運びながら、見て、聞いて、体験しながら選んでいます。
患者さんのニーズに適確に対応することが、選ばれる医療機関に求められる価値であり、
自らの価値を適切に把握して発信伝達する作業、つまり「ブランディング」は、
これから勝ち残る医療機関には、なくてはならない重要な投資なのです。

メディカル・ブランディングを

どう行うか?

ブランディングは、患者さんニーズへ対応している要素を表す横軸と
発信手法を表す縦軸とのマトリックスで考えることができます。
どの様なニーズへの対応を考えて要素を増やすのか、
どの様な手法で発信することが最適なのか、
ブランディングのベースになるのがビジョンです。
患者さんに求められるアウトカムは何かを客観的に見つめ、
提供できる価値をビジョンに再構築することからブランディングが始まります。

ブランディングのために

まず患者さんのニーズの把握

ブランディングの縦軸要素は、
患者さんのニーズのどれに対応するか、という提供価値になります。
患者さんのニーズへ対応し常に発信する価値を決定するためには、
まず客観的にニーズを把握することから始まります。
ビジョンをベースに提供可能な提供価値を選び抜き、スタッフと共有し、
適切なコミュニケーションを図るための内部制度設計が重要になります。

(*)インサイトとは、表面に現れにくい患者さんの願い、心の中のつぶやきを指します。

ブランディング・プロセスの後半が

効果的な手法の選択と実践

ブランディングの横軸要素は、提供する価値を発信するための手法です。
ビジョンや横軸要素構成の後、それをどの様な手法を用いて発信伝達するか、
ブランディング・プロセスの後半に伝達手法の選択と実践が位置付けられます。
2次元でヒトの目に触れる、知る“グラフィック・デザイン”、
3次元でヒトの目に触れ、感じる“スペース・デザイン”、
訪れる患者さんが感じ、体験する“コミュニケーション・デザイン”
この3次元でトランサージュのブランディングは効果を最大化します。

ブランディングの

具体的なプロセスは

Step 1

ブランディングの1st STEPは、貴院の強みを把握することです。

Step 2

その上で患者さんのニーズと貴院の強みとのギャップを確認して整理します。

Step 3

そしてビジョンとメッセージを整理し、ブランド発信の戦略と具体的なツール制作を進めます。

Step 4

情報発信がスタートしたら、確実にPDCAによって確認しながら、患者さんの集まる医療機関にします。

トランサージュの

サポート・プログラム

Program 1

ビジョンの
明確化と発信

ビジョン明確化
グラフィック制作
建築インテリア
管理と広報

Program 2

患者さんの
インサイトや行動把握

CS(患者満足度)調査
受診行動調査
カフェ型ワークショップ
 

Program 3

職員の意欲や
接遇力向上

接遇マナー研修
職員チームビルディング
カフェ型ワークショップ
 

Program 4

患者さんと職員さんの
ための適切な制度整備

ES(職員満足度)調査
プロセス改善
人事諸制度導入改定
 

WordPress Theme built by Shufflehound.