こんにちは。

トランサージュの瀧口です。

今日もこちらのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先日、ある街で開催された市民講座に参加してきました。

「看取りに関するお話」で在宅医療が話の中心でした。

 

そこで感じたことをお話しすると、

市民向けの講座であるはずが、

それぞれの演者が嚥下、ADLなど一般に馴染みのない医療用語を連発し、かつ話が長かったこと、

壇上の先生方同士で対話は良いとしても、診療上の課題を質問し合っていたこと、

そもそも、参加する市民に何を記憶にとどめて欲しいのか、ゴールが曖昧だったこと。

などなど、市民とのコミュニケーションとしては課題が多いなという印象でした。

 

これが特異な事例ではなく、

おそらくあちこちの街で、同様なのだと思います。

 

中央の殿様、つまり政府が、家老、つまり都道府県に対して

「社会保障制度はこのまま進むと破綻するから、地域包括ケアシステムを推進して持ちこたえてくれ」

と言っています。

家老たる都道府県は、奉行たる市区町村へ、同じ言葉をそのまま伝えます。

奉行の市区町村も、どうやって実現させたらわからないので、

街の智慧者である、与力(地区医師会)や足軽(中核病院)にわずかな穀(予算)を与えて「お願いします」と懇願している。

 

こんな有名な逸話があります。

それは、火災が多かった江戸の町火消しの話です。

 

 

 

風のつよい日、殿様が家老に「火の用心」をいいつけた。

家老は奉行に、奉行は与力に、与力は足軽に、逐次「火の用心」を伝えた。

その夜、火が出て城は丸焼けになった。

 

確かに、地域包括ケアは、社会保障制度にとって、福音になる可能性は持っています。

ただ、残念ながら現状では、推進役も責任分担も不明で、まともに予算も付いていません。

そんな中で、成功事例があるのだから頑張れ、だけでは進みはずもありません。

 

まず、市民に理解がありませんし、理解を進める機運もありません。

本当に理解を進めようとするならば、

もっともっと状況や機能をわかりやすく、

例えば在宅医療のは何か、から始めるべきなのではないでしょうか。

 

 

 

在宅医療という言葉一つ、看取りという言葉一つをとっても、その理解は千差万別です。

「そんな言葉くらい、おじいちゃんやおばあちゃんでも知っているでしょ」と簡単に仰るかもしれませんが、

おそらく、その言葉自体への理解は想像を絶するほど異なっているはずです。

何故ならば、誰もしっかりと教えていないし、教わっていないのですから。

 

 

その一つ一つの意味を確認し、理解を進めてゆく作業から、まずは始めることが大事だと考えます。

市民がそれを理解し、医療職者の悩みも共有したときに、初めて在宅医療の活用が進むのだと考えます。

 

そのために出来ることはあります。

ドクターや訪問看護師の方々が一方的に話すセミナーではなく、

気軽に市民が参加できるワールドカフェ(双方向の懇話会)を開催する。

何回か、そんなセッションでファシリテーターとしてお手伝いしました。

 

効用は絶大です。

医療職者は、参加した市民の人々の意外な悩みを知り、以降の日常診療に大いに役立ったと話されます。

参加市民は、主催した先生方の人となりを垣間見ることができ、信頼を寄せることができたと話されます。

 

 

これからの医療を正しく進めるためには、

パターナリズムに陥らない、人と人としての正しいコミュニケーションを取ることが重要だと考えます。

 

そして、このことが信頼獲得と、かかりつけ医への近道だと信じています。

 

もしワールドカフェ方式の懇談会を開催したい、とお考えであれば、

いつでもご支援させていだきます。

 

————————————————-

明るい未来を切り開くために、

より多くの患者さんに来院いただくための

お手伝いをすることが

私たちの仕事です。

院内の意思統一、メッセージ伝達、

スタッフマナーなどでお悩みであれば。

いつでもお気軽に

ご相談ください。

info@trnsg.cp.jp

トランサージュ株式会社