経済同友会代表の小林喜光さんによる「平成の30年間、日本は敗北の時代だった」との発言は、現状に漫然とアグラをかき、アジア諸国などの隆盛に目を向けず、未来図を描くことや新たな知的創造を苦手とする”陳腐化した”日本社会への警鐘です。

医薬品業界においても例外でなく、裏返せば、医薬品業界や医療の未来図をしっかりと描き、新しい知を織り込んだヘルスケアへの準備が整ったときこそ、明るい未来が広がっていると言えます。

転換点にあるいま、こうした新しい時代に向けた私たちの一つの小さな試みとして”Patient Reader”があります。

今年3月に開催されるファーマITエキスポにて、弊社トランサージュ代表、瀧口が ”Patient Reader” に関する講演を行います。
ぜひセミナーへ事前登録のうえ、聴講予約ください。

多くの方々にお会いできることを楽しみにしております。

 

ファーマIT&デジタル エキスポ 2019 セミナー

[P9]  3月19日(火) AM10: 30~

Patient Reading:患者の本音から”新しい時代のヘルスケアマーケティング”が見える

https://www.informa-japan.com/cphi/seminar/index.php?category=30

プロマネ塾2019 ベーシックコースの参加者募集を開始しました。

開講から6年の今年、プロマネ塾受講しやすくリニューアル。

”敷居が高そう”、”付いていけるか心配”、”3日もブランクを空けるのはツライ”といった声に、お応えしました。

お申込、お問い合わせはこちらから・・・

http://trnsg.co.jp/proman

みなさまのご参加をお待ちしています。

 

 

 

 

About

OUR SERVICES

医薬品マーケティングに関わるすべての方々に

ビジネスマナーの向上を求めるすべての方々に

The Story

ABOUT US

  

人口構造の変化は社会保障制度の行き詰まりを生み、デジタルテクノロジーの飛躍的進化は企業と顧客の関係にドラスティックな変化を及ぼしています。
これまでに誰も経験したことのない変革に晒されているいま、わたしたちの宇宙船地球号をどこに向け…乗員仲間はどう付き合ってゆくべきなのか…

わたしたちトランサージュは、健やかで安らぎに満ちた明るい未来社会を創造するために、お客さまのパートナーとしてマーケティングやプロトコールを中心にサポートを行っています。

それが宇宙船地球号に乗り合わせる、わたしたちトランサージュの任務であると信じて…

“資本と人口の定常状態は人類の進歩の定常状態を意味するものではない。そこには、従来と同様にあらゆる種類の知的教養と道徳的ならびに社会的進歩の余地があろう。また、人々の心が先へ先へと行くことばかりを考えることがなくなれば、生活の技術を改良する余地もあり、それが改良される見込みはさらに強まる。”

―― ジョン・スチュアート・ミル、1926

Letter art

BLOG & NEWS